10年以上の実績と経験

【天気が悪い日に痛みが出る方】

 

当院では雨が降る前や天気が悪い時に、体が痛いという方がとても多いです。
このページをご覧の皆さんもそんなお悩みを抱えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

ではなぜ痛みが出るのでしょうか?
高気圧(天気の良い日)では空気が重くなり、身体にかかる圧が高いので、血管内圧も上昇し血流は促進されます。
なので関節などの動きも良くなり痛みなどが出にくい形になります。

一方、低気圧(雨が降っている、曇りの日)では空気が薄く体にかかる圧も低いので、血管内圧は低下し血流は「ゆるやか」になります。
なのでむくみなどが出やすくなり、身体が膨張傾向になりますので関節が緩くなり痛みが出てきます。
その為各関節のズレが起き痛みが発症しやすくなります。

 

例えば
・腰の痛み、ダルさ→骨盤、腰椎のズレ
・膝の痛み→膝関節
・頭痛、頚部の痛み、ダルさ→頚椎のズレ

このように痛みの出る箇所は様々です。
悪天候の中で痛みや身体のダルさが出てきた場合は、このような痛みを伴う可能性もあります。

雨の日や曇りなどにこのような症状が出る方は天気のせいにするのではなく、
関節のズレや歪みの可能性が高いのでそのままにせず整骨院で治療をすることをお勧めします。