10年以上の実績と経験

台風10号の影響で
自宅に居る機会が多くなっていると思います。

この1週間はギックリ腰や腰痛・肩こりなどで
来院された方が多数いました。
多くは家で長時間座っていた事がある方がほとんどでした。

自宅にいる際に気をつけて欲しい事は座り方です。

座り方や姿勢などを気にしてみてください。
例えば
・地べたに座る
・ソファーにも寄りかかって座る
・足を組んで座る
・あぐらをかく、お姉さん座りをする
このようなことをしていませんか?

なぜこのように座ってはならないのか?

 

それはほとんどの動作が骨盤を後傾(後ろに倒れる事)させてしまうからです。

なぜ後傾してはいけないのか。

骨盤が後傾してしまうと骨盤の歪みが強くなり
骨盤に付いている背骨も彎曲が強くなり猫背になり姿勢不良になります。
それに伴い骨盤周り、背骨に付いている筋肉(起立筋、広背筋、大臀筋、中臀筋など)が
ハリ感が強くなり刺激を与えてしまい痛みを発生させます。
背中や腰が最近痛みが強くなったり、症状が出てきた方は
姿勢不良などの原因も少なくはないのかもしれません。

このように骨盤が歪むと身体に様々な影響を与えるので、
今自宅待機や在宅ワークをされている方は座り方に気をつけてください。

家にいる時はなるべく腰が沈み込まないように
地べたに座るのではなく椅子に座ってあげたり、
ソファーに座るのであれば寄りかかるのではなく姿勢を起こして座るなどしてください。

現状では外に出ることが難しい方も多いとは思いますので
家にいる時に少しでも気にして姿勢などを意識するだけでも大切ですので
是非実践してみてください。

それでも痛みが治まらないのであれば
身体を根本から治していく必要があると思いますので、
お困りの際はまつなが整骨院にご相談ください。