10年以上の実績と経験

ぎっくり腰(急性腰痛)と言う言葉はよく聞くと思います。

 

 

ぎっくり腰とは突然のように痛み出す腰痛です。

 

 

ぎっくり腰は、重い物を持ち上げる時や、急に腰を捻る動作をした時、くしゃみや咳払いなどでも発症します。

 

腰がその動きや負荷に耐えられず、何らかの形で支障をきたし、痛みが生じます。

 

ぎっくり腰は腰の痛みが関係しますが、腰のどの部分が痛むか、

原因がどこにあるかは人によって、そのケースによって異なると言われています。

 

一般的にぎっくり腰で痛めやすい箇所としては、骨盤(仙腸関節)、腰椎(背骨)、

背筋(脊柱起立筋、大腰筋、腰方形筋)などです。

 

同時に複数の箇所を痛めることもあります。

 

 

ぎっくり腰は、中腰で腰を捻った際、仙腸関節がねじれた位置で引っ掛かり動かなくなったり、

炎症を起こしたことで痛みが起こったりすることがあります。

 

 

 

 

なぜぎっくり腰になったりするかと言うと、筋肉が緊張していたり疲労がたまったりして負担が掛かるからです。

 

自分では意識していなくても骨盤のズレ、筋肉疲労は毎日起こっており、睡眠、運動などで負担は保たれています。

 

しかし、運動負荷や悪い姿勢の連続といった腰への負担が続くと、回復スピードが追いつかず、ある日突然負担が強くなりぎっくり腰を起こします。

 

 

 

ぎっくり腰を起こすと身体に自由が効きにくい為動くのも困難になります。

 

 

 

 

もしぎっくり腰でお困りの方がいらっしゃいましたらまつなが整骨院で施術してみませんか?

 

いち早く普段通りの生活を出来るようになりますし施術をすればより早く回復していきます。

 

 

 

 

周りの方にもお困りの方いらっしゃいましたら是非おすすめください。

いつでもご連絡お待ちしております。