10年以上の実績と経験

階段の昇り降りや椅子から立ち上がる際に膝に違和感や痛みが出る方はいませんか?

 

 

 

膝関節は脛骨という骨に大腿骨という太ももの骨が乗っている作りで
曲げ伸ばしが基本の運動になり捻る動作は弱い作りになっています。

 

 

 

また、足を蹴り出すように歩く方や
靴を擦るようにして歩く方は注意が必要になります。
他にも足を外に向け歩いている方や歩く時に体重が足の外側(小指側)に乗っている方は

膝の特に内側に痛みが出やすくなります。

 

 

日頃何気なくしている歩くという動作が原因で膝が痛くなるという事は多くあります。

 

 

 

また、片方の膝にだけ痛みがある場合は痛みがある方の足にばかり体重が乗っていて体のバランスが崩れている事があります。

 

左右のバランスも整えていくことで早く痛みがなくなり再発予防にもなります。

 

 

 

膝だけに限らず体の痛みは突然やってくるのではなく
多くの方の場合は今までの日常生活による体の負担のかけ方で少しずつ現れてきます。

 

 

 

季節の変わり目などは痛みや不調が出やすくなりますので気になる方はお気軽にご相談ください。