むちうち・肩こり・腰痛・捻挫は福岡県福津市中央まつなが整骨院||福岡市、福津市、古賀市、宗像市、宮若市の患者様に五十肩や交通事故やスポーツの骨折も治療しております。

宗像市で急な腰の痛みでお悩みの方はまつなが整骨院くりえいと院へ

こんにちは!まつなが整骨院くりえいと院 院長 野中大智です。

急に痛みのくるぎっくり腰。正しくは急性腰痛といいます。
1回ぎっくり腰になると、クセにもなるように何回も経験される方もおられます。

痛みを作りやすい動作は
・重い荷物を持とうとした時
・靴下をはこうとした時
・顔を洗おうとした時
・体を捻った時
・立ち上がる、座るの動作をした時

が主な痛みを作る動作です。

ぎっくり腰の原因というのは、長年の骨盤や腰の歪みです。ですので、歪みを強める動作をしないようにして頂けるとぎっくり腰を防ぐ事ができます。

ではぎっくり腰になったら何をしたらいいかというと、

1.まずは安静
無理に動かないほうがいいです。動くと腰の歪みや炎症が強くなり、痛みが強くなります。

2.氷水で冷やす
これはとても効果があります。痛みがとれるまで氷水で冷やされ方が冷やされない方に比べて、痛みが取れる速さも3倍違います。

3.揉んだりしない、押してもらったりしない

揉んでよくなるような症状ではありませんし、おす事で痛みがさらに強くなるケースもあります。

安静、アイシング、揉まない、押さない。
この4点を守って頂けると数日でよくなると思います。
ただ2、3日様子みても変化が見られない、つらくてたまらないという方は、腰や骨盤の歪みから治す必要がありますので、そのようなお悩みをお持ちの場合は、まつなが整骨院くりえいと院までご相談下さい。

 

まつなが整骨院くりえいと院 

0940-72-4358