むちうち・肩こり・腰痛・捻挫は福岡県福津市中央まつなが整骨院||福岡市、福津市、古賀市、宗像市、宮若市の患者様に五十肩や交通事故やスポーツの骨折も治療しております。

古賀市で産後膝痛でお悩みの方はまつなが整骨院古賀院まで

こんにちは!

先日、産後2ヶ月で子供を抱っこしたまま立ち座りで左膝に痛みがある方が来院されました。

妊娠・出産の際に靭帯が緩み安定感がなくなり骨盤は開き歪みます。

骨盤は体の土台になるので骨盤の歪みがあると全体のバランスが崩れ全身に影響を及ぼします。

産後2ヶ月なのでまだ靭帯は完全には固まっておらず骨盤の不安定感はまだあります。

その為安定していない状態で体重がかかると歪みが強くなり膝への負担も増え痛みが出ます。

子供を抱っこするだけでも体重は増え負担が増えるので膝にも負担が増えるのは当たり前ですよね?

 

ここで問題はもう一つあります。

それは日頃の膝の使い方です。

膝は屈伸運動(曲げ伸ばし)に強く、内・外旋(捻り)には構造上弱くなっています。

歩行時にまっすぐ歩けておらず膝を捻って歩いてはいませんか?

女性は特にヒールをはく機会がありますのでまっすぐ歩けていないことが多くあります。

あとは足を組んだり、あぐらをかいたり、子供を床から抱き上げる際に膝が外を向いていないかなど

日頃なんでもない動作の反復で自分自身の体を痛めつけている可能性があります。

当院では歪んだ骨盤と背骨を整え体のバランスを良くし膝関節の調整を行い痛みをなくしていきます。

それだけでなく生活習慣の細かい動きを正しくしていく事によって育児でかかる負担も少なくしていき痛みのない生活を長くしてもらう生活習慣指導を行っていきます!

出産をすると生活がガラッと変わり、身体にかかる負担も多くなっています。
それを放置すると、いざ強い症状になった時に症状のかいぜんに時間がかかる事がありますので、子供が大きくなって負担が多くなる前に是非一度お子さんとの生活の為にもご相談ください。

まつなが整骨院古賀院 
092-410-6178まで